ホーム > 製品紹介 > 点検・診断 > 斜張橋における斜材の点検ロボット

斜張橋における斜材の点検ロボット

ビデオカメラ撮影と検査センサーにより
効率的な非破壊点検の実施を目指します。
概 要

一般の斜張橋の斜材保護管の調査は、高所作業車を用いた目視点検やクライミング技術を応用した人力による手法等で損傷等の調査を行っているのが現状であります。しかし、点検可能な範囲に制限があり、点検員の安全面について留意する必要がある等の問題があります。そこで、安全に効率的に点検作業を実施するために、点検ロボットの開発を行いました。
本装置は、斜張橋の斜ケーブルの外観変状および内部鋼材の変状を点検できる自走式の点検ロボットです。斜ケーブルの保護管表面の破損状況を、カメラ撮影によりリアルタイムに確認できます。また、検査センサーにより、ケーブル素線の部分的破断等を非破壊点検することができます。なお、2種類のローラーを装備しており、ケーブル径の異なる中日本管内の全斜張橋に適用することができます。