ホーム > 製品紹介 > 情報提供 > ミリ波レーダー式交通監視システム

ミリ波レーダー式交通監視システム

ミリ波レーダーで交通量計測や突発事象を検知
《停止・低速・渋滞・避走・逆走》
概 要

ミリ波レーダーを活用した交通量計測(台数・速度)、突発事象検知判定(停止・低速・渋滞・避走・逆走)システム構成

従来の突発事象判定システムでは、可視光監視カメラを使ったことで、気象条件や太陽光の差込・自動車のヘッドライトなど、光の影響を大きく受けていた。ミリ波レーダーは、可視光(監視カメラ等)や赤外線(レーザや赤外線カメラ)より波長が長いため、降雨等による減衰が少ないという性質があり、これにより気象条件等の影響を受けずらく、外光の影響を受けないため高い検知性能を発揮します。